故障してしまったロレックスは修理に出そう|長く持ち続ける為に

大切なものは長く使う

時計

思い出の詰まったジュエリーを長く使うための方法として、ジュエリーリフォームが注目されています。元のジュエリーの一部を使い、時代の流行に合ったデザインに作り変えるのです。経験豊富な専門店に依頼することがおすすめです。

定期的に修理点検をしよう

メンズ

日本でロレックスの時計をオーバーホールに出すのなら、パーツを長期保管している日本ロレックスへ依頼することで、本物としての価値を維持させ続けることが可能になっています。依頼にあたっては電話で配送してもらうことができる郵送キットを活用するといいでしょう。また周期は、3年から5年に一度ほどが望ましいです。

ROLEX購入者は必見

修理

金額は故障内容で変わる

高額な金額で売られている時計ロレックスは修理するサービスもあります。どこからに不備がでてしまった時に対応してくれるのですが、その修理金額は状況によって変化するので知っておきましょう。歯車の摩擦や潤滑油の劣化が起こってしまうと時計自体が止まってしまいます。こうなると利用できないため修理業者に頼みますがその時の値段は大体1万円です。パーツ交換をする作業になっていて安くても最低1万円はかかります。ただし交換パーツが多いと値段は上がる仕組みです。ヒゲゼンマイが以上になった時や磁気を帯びてしまったときは修理費用が3000円からのところが多くなります。症状としては時間の進行が遅い進みが早いといった症状が出るのです。

定期のメンテが重要

ロレックスは高価なものなので故障してしまうと大変なので気をつけないとだめです。そこでそうなる前に修理店に持っていきます。なぜ故障していないのに修理店に持っていくのか疑問に感じると人もいるでしょう。修理店ではオーバーホールと呼ばれる作業を行っています。時計を分解して中身を調べるものでホコリや汚れがあるときは掃除もしているのです。こういうメンテナンスを日頃から行っているとロレックスの故障する可能性を大きく減少できます。外側からはわからない内部の故障も発見できるので早期改善しておくと完全に壊れてしまう心配もないです。掃除をするだけならそんなにお金はかかりません。またロレックスのベルトや本体を綺麗にケアしてれるため新品同様に戻るのです。

長く愛用する為のお手入れ

腕時計を身につける人

ロレックスの価値を維持したい場合や売却する予定などがあるならオーバーホールは、手間がかかっても正規の修理センターで受けるようにしましょう。正規の修理センターでオーバーホールする目的は、ロレックスの性能維持にあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加